小陰唇肥大で悩んでいる人へ|女性の悩みをしっかり解消します

お尻

治療対象者

女性に多い小陰唇肥大は、治療をすることで解消することができます。出血や痛みの少ない治療がメインなので体の負担を抑えながら治療ができるでしょう。排尿時も違和感を感じません。

もっと読む

落ち込む女性

手術方法を知ろう

小陰唇肥大の治療は様々な方法で行ないますが、近年技術が高くなった事で負担の少ない治療が普通になっています。方法を先に知れば、不安なく治療に挑む事ができるでしょう。

もっと読む

お尻

女医と言い病院

女性器の悩みなので、男性より同性に診てもらった方が恥ずかしさも半減します。女性専門のクリニックには男性が一人もいないので気軽に立ち寄ることが出来るでしょう。悩みも鬱開けやすいです。

もっと読む

女性に多い悩み

頭を押さえる人

非対称である

治療する人の中で最も多い症状が左右差によるものです。その誤差は5mmと2mmで、肉眼でも左右差があることを確認出来るレベルは治療を検討する他ありません。また、5mmから2mmの間は差が生まれものなのでそこまで気になる必要はないでしょう。しかし、綺麗に整えてあげることで見た目がピシッと引き締まりますからそれを理由に治療をする人が増えているのです。クリニックで質問される中で、年齢による小陰唇の大きさについて聞かれる事が多いです。例えば、年齢を重ねると共に小陰唇が肥大していく事があれば、クリニック側も治療を推進するのが一般的です。また小陰唇肥大や左右差がある場合、先天性である可能性が高くなるので年齢で大きくなることは稀でしょう。加齢とホルモンバランスの変化、そして出産を経験している人はメラニンの沈着で黒ずんで見える場合もあるので見た目を考慮して治療をする事をおすすめします。

カウンセリングをする

小陰唇肥大ですが、実は女性に多い悩みの一つになります。肥大した状態を縮小するには自己流でどうにかなるものではありません。病院の技術が必要になります。また、患者のライフスタイルに沿った治療をしますから、形も自分の好きなように決めることが出来るでしょう。ヒダの形や厚みを整えると、肥大した小陰唇がすっきりするので患者からも好評です。詳しいやり方は、クリニックのカウンセリングの時に話を聞くことができますから、小陰唇肥大の治療を検討している場合利用してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加